更新日:

昇進祝いとは

昇進祝い

昇進祝いとはビジネス社会でよく使われている言葉で、身内や職場の同僚、仕事関連のお得意様など、日頃からお世話になっているかたの役職があがったときにおこなう昇進のお祝いです。

会社の先輩や上司といった、お世話になった方のこれからの活躍を応援しますという意味を込めてお祝いを贈ります。

昇進祝いは今後のお付き合いにも深く関わるお祝いごとなのでお祝いする側もマナーを守り、お祝いされた側もお礼の挨拶をしっかりと行わなくてはいけません。

ここでは男性の昇進祝いにスポットをあてて

お祝いするときにはどのようなメールを送れば喜んでもらえるのか?

贈って喜んでもらえるプレゼントにはどのようなものがあるのか?

など、男性の昇進祝いで気になる内容についてご紹介していきます。

喜ばれるメールとは?

喜ばれるメールとは?

昇進祝いで喜ばれるメールはとはどんな文章なのか?

【おめでとうございます】という言葉はもちろんのこと、喜ばれるメールのコツは人望や実績、日頃の努力を誉めるような文章にし、思いやりを込めることで昇進される方に喜んでもらえます。

基本の形は下記を参考にしてください。

  1. 件名
  2. 宛名
  3. 挨拶の文章
  4. お祝いの言葉
  5. 昇進される方を称賛
  6. 締めの文章
  7. 送信者の情報を記載

※辞める、枯れる、終わる、別れる、消える、失う、はタブーの言葉となるので使用しないように注意してください。

社内と社外では送るメールの内容に少し違いがあるので、これから実用できる例文を紹介します。

社内の人へ

社内向けのお祝いメールでは、礼儀正しい文章にしすぎてしまうと他のお祝いのメールと同じになり、埋もれがちになってしまいます。

ご昇進おめでとうございます。

○○係長

お疲れ様です。
○○課の山田です。

この度は○○にご昇進おめでとうございます。

入社以来○○係長には沢山ご指導をいただき感謝しております。
今までご指導いただいたことで経験が積まれ、自分に自信がもてるようになりました。

○○さんの仕事への取組む姿勢や、常に先頭に立っている姿にいつも尊敬しております。

そして今までの○○さんの実績が評価されたということで部下の私も嬉しく思います。

今後ともご自愛のうえ一層のご活躍をお祈りいたします。

取り急ぎメールにてお祝い申しあげます。

○○課 山田

ポイント礼儀はわきまえながら昇進される方とのエピソードや尊敬する部分があるのであれば、その内容を書いて気持ちを伝えるようにしましょう。

社外(取引先)の人へ

社外向けのお祝いメールで1番気をつけたいのは、大切なお客様や取引先に送るので、今後の関係性が深く関わってきます。

礼儀正しく、くれぐれも失礼のないように文章には気をつけましょう。

ご昇進おめでとうございます。

○○会社
○○部 係長 ○○様

お世話になっております。
○○会社○○課の山田です。

この度は○○にご昇進誠におめでとうございます。

○○さんの人望やこれまでの実績、そして日頃の努力の賜物と拝察いたします。

今後より一層忙しい日々になるかことと思いますが今後ともご自愛のうえ、さらなるご活躍をお祈りいたします。

メールにて恐縮ですが取り急ぎお祝い申しあげます。

○○会社 ○○課 山田
(会社の住所や連絡先を最後に記載)

ポイント社内同様に昇進される方との関わりが深く、エピソードや尊敬する部分があるのであれば書くようにしましょう。

メールを送る際のマナー

メールを送る際のマナー

メールを送る際のマナーですが、昇進される本人から挨拶のメールが届いた場合は業務中であってもすぐに返信するようにしましょう。
それ以外であれば退社前や業務時間外に送ります。

昇進が決まり発表された日から翌日の朝までに送るのがベストなタイミングといえます。
間が空くことがないようにできるだけ早く送るように心掛けましょう。

喜ばれるプレゼントとは?

喜ばれるプレゼントとは?

喜ばれるプレゼントとはどのような品物なのか。
それは実用性がある品物、普段自分で購入しないような品物が喜ばれます。

平均予算にあったプレゼントを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

昇進祝いの平均予算は?

昇進祝いの平均予算は5,000円~3万円になります。
ですが、関係性により前後することもあるので一般的な目安として紹介します。

身内・親戚 1万円~3万円
日頃の感謝の気持ちを込めた贈り物を贈ると喜ばれます
例)ネクタイ、名刺入れなど
知人 5,000円~3万円
関係性の深さにもよりますが、直接欲しいものを聞いて贈ることが多いです
そのため、相場の金額の幅も広くなっています
職場の同僚・上司 1万円~3万円程度
1人あたり500円~1,000円ほど集め、複数人で贈り物をすることが多い。
例)ブランドハンカチなど
取引先 5,000円~3万円
寄席をもうけてその場でお祝いすることが多い
※贈る場合
例)胡蝶蘭など

※取引先との関係性によってはお祝い自体するべきではないこともある

実際に贈る相手が決まっていて、いくらくらいのプレゼントを贈ればよいのか悩んだときは、ぜひ参考にしてみてください。

以下で喜ばれるプレゼントを具体的に紹介してきます。

お酒

お酒を送る場合は普段飲めないようなワンランク上のものを贈ると喜ばれます。

お酒が好きな方であれば、名入りのお酒は飲み終わったあとにもインテリアとして飾れますし、なにより自分のためだけに作ってくれたということに喜びを感じてくれます。

魔王エッチングボトル

魔王エッチングボトルはガラスの部分にお名前やメッセージを彫ることが可能です。
鹿児島産の穏やかな風味のいも焼酎になります。特別なお祝いごとにピッタリの贈り物です。

お酒だけだと寂しいと感じた場合は、高級なお肉なども一緒に贈るとさらに喜ばれます。

胡蝶蘭

胡蝶蘭は日持ちもよく見栄えもよいので様々なお祝いで贈られます。
胡蝶蘭は幸福が飛んでくるという縁起のよい花言葉の意味をもっています。

人気があるのは大輪の3本立ちで、カラーは白、白赤、ピンクになります。

胡蝶蘭

胡蝶蘭の色に合わせてラッピングの色も選ぶことができます。
90cm~1mと目立った胡蝶蘭を贈りたい方にピッタリです。

カタログギフト

どうしても贈るものが思い浮かばない場合はカタログギフトを選ぶのも選択肢のひとつです。

目上の方に現金を贈ることは失礼とされているため、贈りもので現金を考えるのであれば、希望の品を自分で選ぶことができるカタログギフトがおすすめとなります。

もし、カタログギフトを選ぶ場合は、品物のギフトより体験型ギフトのようにリフレッシュできるものを選ぶとより喜ばれるかもしれません。

カタログギフト

体験型のほかにも温泉、旅行と種類が豊富なので好きなジャンルから選ぶことができます。
自分に合った物を見つけてもらいリフレッシュしてもらいましょう。

ビジネス用品

ビジネス用品を贈る場合は、どの位の役職の方に贈るのかで多少かわってきますが、若い方であれば名刺入れといった普段の仕事で役立つ物や、スーツが映える小物など贈ってみましょう。

ほかにもネクタイやデスク周りで必要となる物を贈られる方が多く、実用的な品物が選ばれます。

名刺入れ カードケース

最高級のレザーを使用している名刺入れです。
ポケットが4個ついているので名刺入れとしてもカードケースとしても使用できます。
さらに、贈る相手のイメージに合った色を選択することが可能です。

プレゼントを贈る際のマナー

レゼントを贈る際のマナー

プレゼントを贈るタイミングですが、昇進の発表がある場合はその発表の前に○○さんが昇進するらしいと噂などがまわることがあります。

噂の時点でお祝いの言葉を贈ってしまうと、昇進が取り消しになったときに収拾がつかなくなります。
就職祝いの場合や退職祝いのときも同様といえます。

この状況を避ける為にも、正式な発表があるまではお祝いはしないようにしましょう。

もし、個別にお祝いの品物をプレゼントするのであれば、周りとの金額に差がでないように合わせるようにしましょう。
高額すぎる品物は昇進される方に気をつかわせてしまいます。

ほかにも目上の人に贈ってはいけない品物があるので紹介します。
ただし、本人が欲しい物であれば喜ばれるため例外となります。

靴下・靴・下着

靴下、靴、下着には相手を踏みつける、下に敷くという意味があります。
親しい間柄であれば問題ありませんが、上司に贈るのは避けましょう。

万年筆・時計・カバン

万年筆、時計、カバンには仕事や勉強に対して一所懸命に励み、もっと精進してくださいという意味があります。

この意味合いにより、上司には大変失礼な品物にあたりますので贈るのは避けましょう。

現金・商品券

1番無難だと思い、贈りたくなるのが現金や商品券です。

親しい間柄であればもちろん問題ありませんが、上司の方に金額がわかる現金や商品券を送るのは大変失礼にあたるため避けるようにしましょう。

どんな挨拶をすればいい?

どんな挨拶をすればいい?

社会人になると昇任された方へ口頭で挨拶する場面があります。
その場合どのような挨拶の流れが適しているのか難しいところです。

まず、基本の形を紹介します。

  1. お祝いの言葉
  2. 昇進される方を称賛
  3. 締めの文章

基本の形は上記の内容になりますが、これだけではわかりづらいと思います。
以下で関係性別にコツを紹介していきますので不安な方は参考にしてみてください。

上司に挨拶する場合

上司に挨拶する場合は、言葉使いに気をつけながら、上司を持ち上げるような文章にしましょう。

○○さんこの度は○○にご昇進おめでとうございます。

入社したとき右も左もわからない私にご指導してくださったのは○○さんでした。

今では自分に自信をもって仕事に取り組めるようになりました。

○○さんには感謝の言葉しかありません。

○○さんの仕事に取組む姿勢、常に先のことを考えた行動にいつも尊敬しております。

今後ともより一層のご活躍をお祈りいたします。

ポイント尊敬している部分やお世話になったことがあれば伝えるようにしましょう。

同期に挨拶する場合

同期であれば文章もそこまで硬くなくても平気ですが、昇進される方なので少し持ち上げてあげるような文章にしましょう。

○○さんこの度はご昇進おめでとうございます。

悩んでいる時にいつも手を差し伸べてくれたのは○○さんでした。

一緒に入社した同期ですが○○さんの仕事に対しての姿勢や頑張っている姿を沢山見てきたからこそ、自分のことのように嬉しく思います。

これからは社会人の先輩として引き続きご指導いただきますよう宜しくお願いいたします。

ポイント仕事に対しての称賛できるエピソードであれば伝えてあげましょう。

部下に挨拶する場合

部下の方への挨拶は少し難しいのではないでしょうか。

ですが、部下の方も日々頑張ってきたことで昇進を迎えることができたので、頑張りを認めた文章にしましょう。

○○くん昇進おめでとう。

○○くんは仕事に対しての姿勢がとてもよく、驚くほどに実績も伸ばしていたので努力の賜物で昇進が決まったのだと思います。

困ったことがあったら今まで通りいつでも相談してください。

これからもご指導いただきますよう宜しくお願いいたします。

ポイント褒めるべきポイントはきちんと褒め、ほかにも尊敬している姿などあればぜひ伝えてあげましょう。

昇進祝いのお礼

昇進祝いのお礼

昇進祝いを贈られた場合お返しの必要はありません。

しかし、ビジネス社会では昇進祝いを贈られた方の約50%がお礼状を贈る、または、お返しの品物を贈るというアンケート結果が出ています。

お返しを考えている方は贈り物を頂いてから1週間~1ヶ月以内にお返しするのが一般的とされていますが、自身が落ち着いてからで問題ありません。

お礼状

お礼状のみ贈る場合は品物を受け取ってから遅くても3日以内に贈るのがマナーとなります。
お礼状には、お祝いしてもらったことへの感謝をつづり、近状の報告について書きます。

贈り物に対して気に入った品物だった場合は「毎日使っています」「季節の味を楽しませてもらいました」など、一言足すだけで贈ってくれた方も喜んでくれます。

基本的には下記を参考にしてみてください。

  1. お礼状を出す時の季節や気候に応じた内容を書きます。

  2. お祝いをして貰ったことへのお礼を書きます。ほかにも今後の抱負についても書いてみましょう。

  3. 最後に結びの挨拶で文章を締めくくります。

  4. お礼状を書いた日付、差出人、宛名を書きます。

上記のポイントをしっかりおさえながら書くようにしましょう。

お返しの品

お返しの品物を贈る場合は、贈られた品物の半額程度が相場とされています。
よく選ばれているのは日常で使うことができるタオルセット、カタログギフト、食品の詰め合わせなどが一般的です。