2019年3月6日

出産内祝いとは

出産内祝い

出産内祝いとは、出産したお祝いにいただく出産祝いのお返しです。

そして子供が誕生した喜びや幸せをおすそ分けする意味と、子供のお披露目を兼ねた贈りものでもあります。

出産後はお子さんの誕生で子育てに手いっぱい、どんな内祝いを贈れば相手が喜んでくださるか、よく考える時間も取れず選んでしまいがちです。

祝ってくださった相手にも最高の思い出に残る贈りものをするため、また出産準備や子育ての片手間でお読みいただけるよう、要点だけを読みやすく、シンプルに出産内祝いの知識をお伝えさせていただきます。

ページの最後では人気の出産内祝いや選び方もまとめてご紹介いたします!

出産内祝いの仕方

出産内祝いの仕方

出産内祝いの仕方について、贈る前に行う準備や贈るタイミングなど、出産内祝いの仕方をご紹介します。

まず行うこと

  • 贈る相手のリストアップ
  • 出産の報告
  • 頂いた出産祝いの金額相場を調べる(リスト化するとよい)

贈る相手のリストアップ

出産内祝いは出産後の赤ちゃんを育てる大変な時期と重なるため、出産前に贈る相手のリストアップといった準備をしておくとよいでしょう。

出産の報告

何よりもお母さんの体調を安定させることが大事ですので、生まれた後はお父さんが手伝い、電話やメールで赤ちゃんが生まれたことを報告しましょう。

頂いた出産祝いの金額相場を調べる

頂いた品物に対するお返しとしての内祝いには相場があるため、届いたお祝いはある程度の金額を調べ、どなたから何を頂いたかを忘れないようにリスト化するのもよい方法です。

最適な時期

  • 生後1ヵ月あたりに贈る
  • またはお祝いを頂いてから1ヵ月以内を目安にする
  • 里帰り出産でお祝いが自宅に届く場合は頂いた時期や相手をチェックしておく

出産内祝いは生後1ヵ月あたりに贈ることが多くなっています。
これ以外の時期に出産祝いを頂いた場合はお祝いを頂いて1ヶ月以内を目安にしましょう。

出産祝いは出産後体調が安定するとされる生後7日~1ヶ月後を目安に贈るのが良いとされるため、こうして準備をしているうちに、出産祝いが届きはじめます。

気をつけたいのは里帰り出産です。出産祝いは実家ではなく自宅に届くものなので、頂いた時期や相手などを忘れずチェックできるようにしておきましょう。

いつまで?

体調の回復や育児の関係で、はっきりとは決まっていませんが、生後2か月までが目安になっています。
体調が整わないなど理由があればそれ以降でも構いません。

出産内祝いのマナー

出産内祝いのマナー

出産内祝いは【いのちの誕生】に関わるとてもデリケートな出来事である分、両親や恩人、友人といったさまざまな人が気をつかって見守っていてくれたことに対するお礼です。
贈り方のマナーや、注意点、タブーがありますので、この機会に確認しておきましょう。

一般的なマナー

出産内祝いで重要なのは現金や金券では失礼になるので、品物で用意するということです。

お祝いに対しての内祝いの基本は半返しです。つまり原則として頂いた贈りものの金額の半分を内祝いとして贈ります。

ただし相手との関係性や地域によっても違いがあります。

相場

出産内祝いの相場はお祝いを頂いた相手と頂いていない相手では相場が変わります。また頂いたお祝いの金額によっても違ってきます。

お祝いを頂いた相手

3,000円~5,000円以下 お礼状や電話のみ~半返し
5,000円~1万円 半返し~1/3返し
1万円~3万円 半返し~1/3返し
3万円~10万円 半返し~1/4返し
10万円以上 1/3返し~それより抑えた予算
部下や目下の人 同程度~8割返し
双子や二人目 一人と同じ

お返しの相場を決めるため、頂いたお祝いの金額をある程度把握しておくことが大事です。
上記のように、お祝いの金額によってこの範囲を前後することがあります。

あまりに高額な場合は半返しや1/3返しを目安にこだわると、お祝いを突き返すという意味に取られることもあるため、金額を抑えても構いません。

一方で、お祝いの金額が少額の際も、その半分といった計算で贈りものをすると、数百円程度の内祝いとなって相手に対して失礼なので、お礼の言葉やメッセージ、また、別の形でお礼をするといった方法をとることがあります。

相手も、お返しは結構ですという気持ちで金額を抑えた出産祝いを用意してくれているということもあります。

この場合、幸せのおすそ分けという意味合いがあるため、心ばかりの贈りものであるという一言を伝えれば贈っても構いません。

お祝いを頂いていない相手

お祝いを頂いていない相手でも日頃からお世話になっている方へ結婚の内祝いを贈ることはおかしなことではありません。

相手に気をつかわせない程度の少額の品物を用意したり、食事会のような形を内祝いとするのもよいでしょう。

お世話になった医師や看護師さん

出産ではお世話になるお医者さんや看護師さんのお世話に感謝の気持ちを形で伝えたいのは自然なことですが、一般的にはお礼や謝礼を渡すことは少ないようです。

例外として、難産や長期入院だった場合にのみ、お礼状を添えてお渡しし、その場合は医師へは現金ではなく、商品券などで1~2万円用意する場合もあります。

看護師さんへはお菓子の詰め合わせなどを贈れば、みんなで食べることができるのでもらって困ることも少ないでしょう。

いずれの場合もお礼を受け取ることを断っている病院もあるため、事前に確認しておく必要があります。

のしのかけかた

のしのかけかた

のし紙は紙を折ったり印刷した【のし飾り】と【水引き】がついたかけ紙のことで、出産内祝いを含めたお中元、お歳暮、結婚祝い、出産祝いなどの慶事で使われます。

  • 蝶結びで赤白5本の水引きを使う
  • 表書きは濃い墨や筆ペン、サインペンで書く
  • 水引きの上部に「出産内祝」、下部にやや小さな字で赤ちゃんの名前を記入
  • 双子の場合は右に年長者
  • 出産内祝いは内のしでお祝いの気持ちを控えめにあらわすことが多い

蝶結びの水引きを使う

水引きと呼ばれる装飾は、何度でもあったら嬉しい出産祝いや出産内祝いにかけて、ほどいて何度も結びなおせる蝶結びの水引きが使われます。
金銀の水引きもありますが、控えめなお祝いごととされているため、赤白の水引きで本数も控えめの5本のものを選ぶようにします。

表書き

濃い墨の毛筆か筆ペン、サインペンで、水引きの上部に内祝、または出産内祝と書き、下部にはそれよりやや小さな字で赤ちゃんの名前だけを記入するのが一般的です。

この際、読み方がわからないことがないよう、ふりがなを書いておくとよいでしょう。また、世代や地域によって贈り主のところに名字だけを書くといったこともあります。

双子の場合は2人分の名前を右に年長者(兄か姉)がくるように記入しましょう。2人目の出産でも1人目と同じで構いません。

のし紙

のしには内のしと外のしがあります。包装紙の上にかける外のしと、品物に直接のしをかけてからその上を包装紙で包む内のしがあります。
のしの基本は外のしですが、郵送の時などはのしが傷むのを防ぐため、内のしがかけられたります。

特に出産内祝いの際は、自分の幸せをおすそ分けするという性質上、お祝いの気持ちを控えめに表現する意味で内のしの方法が取られることも多いようです。

お礼状

出産内祝いには品物だけを贈るのではなくお礼状を添えましょう。

  • 縦書きの便せんに書く
  • 濃い墨の筆、筆ペン、万年筆、ボールペンで書く
  • 目上に人には謹啓、敬白といった頭語、結語を使う
  • 内容は赤ちゃんの紹介、日付、自分の名前のほか、頂いたお祝いの感想なども書くとよい

お礼状は縦書きの便せんを選び、筆、万年筆、ボールペンで書きます。心ばかりの贈りものをさせていただくという意味合いの内容と感謝の気持ちを添えましょう。

親しい間柄ならあまり使いませんが、改まった相手に贈る場合は、謹啓からはじめ謹白、敬白で締め、あるいは拝啓からはじめ敬具で締めます。

内容は、文章中に頂いた品物に対する感想も入れるとよいでしょう。ほか、赤ちゃんの紹介、日付、自分の名前といった内容は必ず記入しておきましょう。

メッセージの文例

すぐに参考にしていただけるメッセージの文例をご用意しました。

ひとつポイントとしてお祝いを頂いたからと言って返すという言葉は使わないのが礼儀とされています。

目上の人など改まった相手

拝啓

立春の候 ○○様におかれましてはご健勝のことと存じ上げます

このたび長女の出産に際しましては過分なお心遣い 誠に感謝し御礼申し上げます

おかげ様をもちまして長女○○○は産後の肥立もよく 母子ともに日々快活に過ごしております

これから家族三人成長していきたい所存でございますので 今後ともご指導のほど何卒よろしくお願い申し上げます

なお 心ばかりの内祝いの品をお送りさせていただきましたので ご笑納いただきましたら幸いでございます

簡単ではございますが 御礼のみにて失礼させていただきます

敬具

元号○○年○月○日

○○○○(氏名)

親しい間柄

春一番が吹き桜の便りも待ち遠しく感じる季節になりました

このたび長女の出産に際しましてとてもかわいいベビー服をありがとうございました

娘も着心地がよく気に入っているようで すぐに気持ちよくて眠ってくれます

娘の名前は幸せで平和な人生を送ってほしいという願いを込め○○といたしました

お近くにお寄りの際はぜひ娘の顔を見にお立ち寄りください

なお ささやかながら内祝いの品をお送りさせていただきましたので ご笑納ください

また○○様とお会いできる日を楽しみにしております

寒の戻りもございますのでお身体ご自愛ください

元号○○年○月○日

○○○○(氏名)

渡し方

出産後は育児で忙しいので、親兄弟や特別親しい友人でない限り、直接内祝いを届けずに郵送で贈って構いません。

商品だけを贈るのは失礼にあたりますので、一緒に添えるお礼の言葉や、赤ちゃんの名前と写真を入れたメッセージカードなどを一緒に添えて感謝の気持ちをあらわします。

直接会って渡す際には無事誕生した報告や挨拶は本人に言えますが、挨拶と重ならないような内容のメッセージカードは添えておくとよいでしょう。

喪中の人への贈り方

  • 喪中と重なった際は喪中見舞いを優先する
  • 四十九日が明けてから祝いの文字を使わず御礼として贈る
  • 仏式は四十九日、神式は五十日が喪中
  • 贈る際は白無地のかけ紙や短冊(奉書紙)を使う

喪中の人に贈る際は四十九日を過ぎてからを心がけましょう。内祝いと喪中見舞いが重なる場合は喪中見舞いを優先するのが礼儀です。
先にお礼状で四十九日を過ぎたころ御礼させていただきます、という一文を添えて送っておくという方法もあります。

のしは、表書きに祝いの言葉を入れず御礼の文字にして、幸せのおすそ分けというよりも感謝の気持ちと無事の出産を伝える意味での贈りものとします。
水引のついていない白無地のかけ紙や短冊(奉書紙)で包むというのもよい配慮です。

出産内祝いのタブー

出産内祝いのタブー

出産内祝いには注意点や、避けたほうがよいタブーがあります。選ばないほうがよいとされる贈りものといった具体例とともにご紹介します。

注意点

  • 挨拶状やのしをつけずに贈らない
  • のしやメッセージの文字は薄墨を使わない
  • 頂いた品物より高額のお返しをしない
  • 逆に明らかに相場より価格を抑えたお返しをしない
  • 赤ちゃんの名前が入ったものは贈る相手に注意

まず注意すべき点として、挨拶状もなく品物だけ贈るのもマナー違反です。のしもつけないのはマナー違反です。
のしに書く文字に薄墨を使うのは、不祝儀の際に使用する色なので間違えないようにしましょう。

金額に関して、頂いた品物より高価な内祝いを贈ることは避けましょう。年配の方や目上の方は特にこうしたことを気になさいます。
逆に頂いた品物の相場からあきらかに1/3以下となる内祝いを贈るのも、失礼と感じる人がいるため注意が必要です。

赤ちゃんの誕生は嬉しいことですが、名前の入ったコップなどは相手にとって使うにも保管するにも困ってしまうので、贈る相手は選びましょう。

使ってはいけない言葉

贈り物に対する単なるお返しではないので、返すという意味合いの言葉は使うのを控えましょう。

出産の喜びで赤ちゃん自慢になりがちですが、子供が欲しくてもできない家庭もありますので、言葉選びにも十分配慮しなければなりません。

選んではいけないもの

  • 不幸を連想させるもの
  • 靴や靴下
  • 現金、金券

出産内祝いに、具体的にタブーとされる商品はありません。
しかし、一般的に不幸を連想させる割れ物、刃物、苦しみや死を連想させる「くし」、無くなった方の装束に利用される白い布を思わせる白いハンカチ、弔事の際に贈られることの多い緑茶、日本茶といった商品は選ばないほうが無難です。

ただし、別な考え方として、未来を切り開くという意味で刃物を選ぶ人もおり、これも1つの正解です。

目上の人を踏みつけるという意味に捉えられることがあるとされるため、靴や靴下も選ぶのを避けたほうがいいとされています。

現金や金券などでお祝いを頂くことはありますが、同様に現金で内祝いを贈るということはまずありません。金券も同様です。

出産内祝いのお返しは必要?

出産内祝いは出産祝いのお返しであり、幸せのおすそ分けですので、お返しの必要はありません。届いたらお礼を伝えることだけは忘れずにおこないましょう

産後で相手の体調や生活時間が安定していないことも多いので、電話で話すよりも手紙やメールの方が相手への気遣いになるかもしれません。

出産内祝いで人気の贈りもの

出産内祝いで人気の贈りもの

出産内祝いを選ぶコツと、贈りものランキングでは常に上位に来る贈りものや、もらって嬉しい人気の贈りものをまとめました。
贈りものに迷った際はどうぞ参考になさってください。

ひとつ間違いなく言えることは、出産内祝いは出産を気遣ってくれた相手への感謝の気持ちをもって選ぶということです。

相手を想いつつ、我が子の誕生をお知らせし、幸せをおすそ分けする気持ちがあれば、きっと相手にとってもうれしい出来事に感じてもらえるのではないでしょうか。

選び方のコツ

  • お菓子や嗜好品
  • 消耗品
  • 贈りものの定番商品
  • カタログギフト
  • 名入れギフト
  • 定番以外では?

お菓子や嗜好品

お菓子

贈りもので喜ばれ、貰っても困らないものは【消えもの】と呼ばれる消耗品です。焼き菓子の詰め合わせやコーヒー、紅茶などの嗜好品は日持ちもするため贈りものしては優秀といえます。

消耗品

タオル

お菓子やコーヒーが好みではないという相手には、同じ消えものでも砂糖やタオル、キッチンウェアといった相手を選ばない堅実な贈りものを選べば間違いありません。

贈りものの定番商品

チョコレート

内祝いに限らず、贈りものの定番商品といえる品物も多くの人に支持されているものである分、喜ばれやすい贈りものであると言えます。お菓子の中でもチョコレートはどの季節でも一定の人気があります。

カタログギフト

カタログギフト

近年の贈りものランキングの大定番、常にトップクラスの人気を持つのがカタログギフトです。メリットとして金額設定をしやすいことと、設定金額内で相手が好きな商品を選ぶ楽しみがあるという点があります。

デメリットとまではいかないですが、ひとつ気を配りたいのは、非常に合理的なプレゼントであるぶん、相手を想って贈りものを選ぶというような心遣いが伝わりにくい分、贈る際にはメッセージも一緒に添えて贈っておくとよいでしょう。

名入れギフト

名入れギフト

何よりもうれしい我が子の誕生を記念して名入れギフトを贈るというのも良いアイデアです。ただし、貰った相手が処分に困らないように、ケーキやお酒のラベルといった消えものを贈る方がよいでしょう。

ただし、両親など、孫の誕生を本当に喜んでいる相手には、形に残る名入れギフトのほうが喜んでくれるかもしれません。

定番以外では?

おもちゃ

どこでも使える商品券のような金券は現金を渡すのと同じでマナー違反ですが、すぐに溶けるアイスクリームや冷えた状態で買ってすぐ飲めるビールのギフトカードなどは、好きなタイミングで引き換えられるため、ギフト券をプレゼントするという贈りものも場合によっては喜ばれることもあります。

このほかにも、フォトフレーム、肉のギフトなど、内祝いに限らず贈りものとしてよく使われている商品や、相手にも子供がいる場合はちょっとおしゃれなベビー用品やおもちゃといったプチギフトを、相手に合わせて選ぶのもよいかもしれません。