2019年2月15日

退職祝いとは

退職祝いとは

退職祝いとは職場で一緒に頑張ってきた方が退職されるときに、お疲れさまでしたという気持ちを込めてお祝いします。

人生の転機で退職する方もいれば、定年退職の方もいます。
新しい人生を気持ちよく過ごしてもらう為にお祝いするのですから、去るかたに喜んでもらえるプレゼントを選び気分良く送り出して上げたいですよね?

ここでは男性、女性、性別ごとに喜んでもらえるプレゼントをまとめて掲載していますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

性別ごとに喜ばれるプレゼント

性別ごとに喜ばれるプレゼント

退職祝いを選ぶコツは、実用的な物、なにより気持ちがこもっている物であれば喜んでいただけます。

こちらでは男性、女性別に喜ばれる12個のプレゼントを紹介します。

男女共通

男女共通で喜ばれる2つのプレゼントを紹介します。

男女共通で定番なのは花になります。最近ですと、花と一緒に記念に残る品物を渡していることがほとんどです。
持ち帰ることを考慮し大きいサイズは避けましょう。

なかでも短時間で枯れることがないプリザーブドフラワーが人気です。
思い出の写真を入れることのできるプリザーブドフラワーも販売されているので、寿退社、定年退職の方へのプレゼントとしてもピッタリです。

体験型ギフト

今までは仕事で忙しかった人は、ゆっくり家族と時間を過ごすことも難しかったと思います。
体験型ギフトは、旅行、ディナー、リフレッシュと好きなギフトを選ぶことができます。

男性

男性に喜ばれる5つのプレゼントを紹介します。

父親

父親にプレゼントするのであれば似顔絵と名入りのタンブラーがおすすめです。

手にした父親は必ずニヤけてしまうこと間違いなしです。そして長く愛用してくれます。
お子さんからのプレゼントとして人気があります。

上司

湯のみといっても普通の湯のみを送るのではなく記念に残るよう、退職する方、奥様が居る方なら奥様の名前も一緒に名前を入れてあげることで記念に残るのでとても喜んでくれます。

職場でも普段から飲み物を口にしている方へのプレゼントとして人気があります。

同僚

同僚に人気があるのはリラックスできるアイテムが多く、ネックマッサージ機を選ぶ方が多くみられます。

同僚だからこそ、そこまでかしこまらずたまにはゆっくり休んでねという気持ちを込めることができます。

誰でも使用できますし、女性の同僚のプレゼントには最適です。

先輩

先輩へのプレゼントは名入りボールペンがおすすめです。

高級感もあり、後輩からの新しい職場でも頑張ってくださいという気持ちが伝わりやすいプレゼントです。

後輩

退職したあとに新しい職場に勤めるのであればビジネスで使用できる名刺入れやボールペンがピッタリです。

名入りのもあり自分専用の物でしたら後輩は間違いなく喜んでくれます。

女性

女性に喜ばれる5つのプレゼントを紹介します。

母親

母親に退職祝いを贈るのであれば、家族写真と時計がセットになっているのがおすすめです。

思い出の写真と一緒に、感謝の言葉を彫刻することができ、インテリアとして飾ることもできるので人気があります。

上司

退職後にも使用してもらえるプリザーブドフラワー付きのジュエリーボックスがとてもおしゃれで人気があります。

大切な後輩からいただいたのであれば、大切な物をしまうのに使用してくれたり、インテリアとしても楽しんでもらえます。

同僚

女性の同僚であればメッセージと誕生石付がついたマグカップもとても可愛く人気があります。

マグカップはいくらあっても困りませんし、おしゃれなものであれば気に入ってくれます。

先輩

女性の先輩にプレゼントするなら、優雅なバスタイムを過ごせるローズバスがおすすめです。

薔薇のお風呂に入り身体も癒され美容にもよいので先輩へのプレゼントとして人気です。

後輩

後輩に贈るプレゼントであれば、名入りペーパーウェイトがおすすめです。

新しい職場のデスクにおいてもとても可愛いですし自分の名前が彫られていたらさらに愛着がわきます。

退職する相手に喜ばれるメッセージ

退職する相手に喜ばれるメッセージ

メッセージは文例にそって書くのもよいですが、自分なりの言葉で書くことで退職する方に気持ちが伝わりやすくなるのではないでしょうか。
簡単ではありますが退職する相手に喜ばれるメッセージの書き方のコツを紹介します。

  • 定年退職の場合は、長年勤めてきたことに尊敬する気持ちをもちましょう。
  • 寿退職の場合は、おめでとうの気持ちを沢山こめましょう。
  • 転職の場合は、将来を見越したメッセージにしましょう。
  • 1番気をつけたいのは病気や怪我による退職の場合は、相手のことをよく考えたうえで短文のメッセージを送りましょう。

残念、寂しいといった言葉やラフな言葉使いは避けましょう。

手紙で伝える場合

手紙なら普段言えなかったような言葉を伝えることができます。

流れとしては

  1. 宛名

  2. 書き出し
    退職のお祝や感謝の言葉を書きます。

  3. エピソード 退職される方との思い出や、学ばせて貰ったことを書きます。

  4. 締めの言葉 これから先の人生を願う文章で締めます。

  5. 差出人

書き出しや締めの言葉というのはある程度決まりがありますので、1番喜んで貰えるポイントとしてはエピソードになります。

自分にとってどれくらい特別な存在だったのか、どんな時に助けて貰いどのような姿に尊敬していたのか、2人の間にあった出来事を書きましょう。

  • 辛いとき○○さんに相談し、助言していただいたことで今の私がいます。
  • いつも笑顔でいる○○さんを見ていると私まで笑顔になれました。
  • わからないことだらけの私に一から教えてくれたのは○○さんでした。

今心で感じていることを素直に書き出し気持ちを伝えましょう。

言葉で伝える場合

言葉で伝える場合は、例えば送別会といった時などではないでしょうか。
沢山人がいる中で色々なエピソードを話すのはやはり少し照れが出てしまいます。

それだときっと素直な気持ちが伝えられないのではないでしょうか。
その場ではひとまず感謝の気持ちを伝え後日改めて手紙を書くのもよいでしょう。

お祝いの仕方

お祝いの仕方といっても退職の理由は様々です。
おおまかな理由ごとにお祝いの仕方を紹介します。

定年退職

定年退職

従来は60歳で定年とされていましたが最近では65歳、70歳と元気に働いている方が増え、職場によっては定年がない所もあります。
定年を迎えるまで働くことは本当に凄いことです。

定年退職を迎える際は長い間勤務していたことを心からお祝いしてあげましょう。
プレゼントとしては記念に残るものを選ばれる方が多いです。

家族でお祝いするのであれば、今まで家族の為に頑張ってきてくれたことに心から感謝しましょう。
そして心の底からお疲れ様でしたと声を掛けてあげましょう。

定年退職の日に家族全員でお祝いしている家庭がほとんどです。

寿退社

寿退社

結婚や出産をきっかけに退職する寿退社は退職理由の中でも1番おめでたいので、今までお世話になった感謝の気持ちとお祝いの気持ちを込めて送り出してあげましょう。

プレゼントとしては新生活で役立ちそうな物や、2人お揃いの品物を選ばれる方が多いです。
会社でお祝いするのであれば送別会を開いて盛大に盛り上げたいところですね。

家族でお祝いするのであればお気に入りのお店で2人でお祝いするのも素敵かと思います。

怪我や病気

怪我や病気

怪我や病気が理由となる退職は不安を抱えている人が多いので、深刻になりすぎず今までの感謝を込めてありがとうの言葉で送りだしてあげましょう。
表書きも御礼、感謝のどちらかにしましょう。

病名によっては食べれない品物ものもありますので食品よりは記念に残る品物にしましょう。
退職後も関わりがあるのであれば、病気や怪我が完治した際に改めてお祝いしてあげましょう。

転居や転職

転居や転職

転居や転職の理由にもよりますがよい理由であれば御祝として祝いますが、そうでない場合は御礼として送りだしましょう。

今までの感謝の気持ちを伝え皆で寄せ書きをしたり、記念品となる品物をプレゼントするのがよいでしょう。

退職祝いのマナー

退職祝いのマナー

退職祝いはマナーを守ってプレゼントを贈ることで相手は気分よく退職することができます。
社会人としてマナーに反することなく、くれぐれも失礼のないようにしましょう。

金額の相場、品物に添えるメッセージ、渡し方について紹介しています。

相場

退職祝いの一般的な金額相場は退職者との関係性により金額は多少前後しますが、個人で渡すとき、複数人で渡すときの相場も違います。

個人であれば3,000円~5,000円
連名であれば1万円~3万円になります。

退職者の年齢が高めであれば高めに設定するのがマナーです。
下記の金額内で選ぶようにしましょう。

上司・先輩に個人で贈る 3,000円~5,000円
上司・先輩に連名で贈る 3万円前後
(1人あたり3,000円~5,000円)
同僚・友人・部下に個人で贈る 3,000円前後
同僚・友人・部下に連名で贈る 1万円前後
(1人あたり1,000円~2,000円)

年代別の金額の相場も紹介します。

20代・30代 3,000円~5,000円
40代 5,000円~1万円

メッセージ

退職される方には退職祝いのプレゼントの他にもメッセージを添えるのがマナーとなります。

お世話になったことに対しての感謝や今までの頑張りに対しての敬意を、ちょっとした文章でもよいので添えてあげるだけで受け取った方もとても喜ばれます。

熨斗

退職祝いのプレゼントにはのし紙を掛け熨斗をつけるのがマナーです。
水引きは紅白で5本か7本の花結びを使用します。

寿退社の時のみ結び切りを使用しますので注意してください。

表書き

退職祝いの表書きは祝定年御退職感謝贈呈になります。
ですが病気が原因で退職する方にはふさわしくない言葉となりますので、理由があいまいなときは御礼にするのがマナーです。

御祝でもよいのではないかと思われますが祝の言葉が入っていることにより、退職を喜んでいるのでは?と勘違いしてしまう方もいますので極力さけましょう。

渡し方

渡し方

プレゼントを渡すのは当日?送別会?少し悩むところです。
会社で送別会が行われる場合は、そのときに渡すのが1番ベストです。あとは退職当日でも問題ありません。

送別会が行われない場合は退職日の約1~2週間の間でプレゼントを贈りましょう。
会社からではなく個人からプレゼントを贈りたいときは、周りの目につかない所で渡すように周りへの気遣いを忘れないようにしましょう。

退職祝いのタブー

退職祝いのタブー

退職祝いにプレゼントを贈る場合、注意点や選んではいけないタブーとなる品物がありますので紹介します。

注意点

  • プレゼントを贈るときには持ち帰ることも考えて、かさばらず重くない物を選ぶようにしましょう。

  • 忌み言葉はお祝いごとにはふさわしくありません。
    忌み言葉とは、縁起の悪い言葉、悪い方へと連想させてしまう言葉になります。

    例えば場の雰囲気をさげたり、死や病気、老いをイメージさせてしまう言葉が該当します。
    (例:死(四)・枯れる・倒れる・折れる・切れる・曲がる)

選んではいけないもの

退職祝いでは避けた方がよいとされている品物がいくつかありますので紹介します。
もし退職される方がリクエストしている物であればプレゼントしても問題はありません。

櫛(くし) 9と4(苦と死)を連想させます。
同時にお花の本数にも注意が必要。
ハンカチ 手切れを連想させます。

上司に贈ってはいけないもの

下記の品物は上司に贈ることで失礼にあたりますのでプレゼントとして適していません。

現金 金額がわかるものはタブーです
時計・万年筆 勉学にはげめ、を意味します
下着・靴下・マット 踏みつける、敷く、を意味します
お茶 お茶は弔事の際の品物です

お返しは?

お返しは不要とされていますが、大体の方が退職日当日に1,000円~3,000円ほどのお菓子の詰め合わせと今までお世話になったお礼を一言添えて退職されています。

もしくは後日、いただいた品物の約3分の1~2分の1ほどの金額のお菓子の詰め合わせなどを選び、1~2週間以内にお返ししています。

お祝い

Posted by water