2019年2月15日

新築祝いとは

新築祝い

新築祝いとは、身内、兄弟、姉妹、友人、職場の同僚、仕事関連のお得意さまなど、日頃からお世話になっている方が、新しく家を建てたり購入したときにプレゼントを贈るのが新築祝いとなります。

マンションの場合も新築の状態で購入した場合、会社の移転も新しく新築したのであれば新築祝いに分類されます。

では建物が新築ではなく中古の場合はなにに該当するのか。
それは引越し祝いや会社であれば移転祝いとなります。

新築祝いには「一生に一度の大きな買い物となる家で新生活が末永く健やかでありますように」という意味をこめてお祝いのプレゼントを贈ります。

日本では昔から認知されているしきたりのようなものであり、大事にされているお祝いごとの1つです。

お祝いの仕方

お祝いの仕方

今までのお付き合いに感謝を込めて、また新たにスタートする生活をお祝いするためにも相手が喜んでくれるものをプレゼントしてあげましょう。
ほかにも贈る時期や関係性によってもお祝いする金額もかわってきます。

せっかくのお祝いなのでプレゼントを贈る側も、贈られる側も素敵な思い出になるようにマナーに気をつけましょう。
基本的なお祝いの仕方は現金でお祝いするか品物でお祝いするかのどちらかになります。

贈る時期

新築祝いは30日以内に贈るのが理想ではありますが、家の中がまだ片付いていないことがありますので半月~2ヶ月以内に贈れば問題ありません。

基本的には相手側が落ち着いた頃に新築祝いを行いますので、そのときに贈るのがマナー的によいとされています。

また家の中も整理されたことで現在必要な物がわかるので、欲しい物のリクエストに応えてあげることができます。

関係性別

新築祝いを贈る方との関係性によってお祝いの仕方が多少異なりますので関係性別に紹介します。

身内

身内に新築祝いのプレゼントを贈る場合にもマナーはしっかり守りお祝いしてあげましょう。
身内だと少し気分的にも緩くなってしまいそうですが、失礼のないように心掛けましょう。

友人

新築祝いを友人にも贈ったほうがいいのか悩む所ですが、きっと身内の次に大切な存在なのではないでしょうか。
そのような友人にはしっかり、新築祝いのプレゼントを贈ってあげるようにしましょう。

付き合いが長ければお互いの好みもわかっているので品物を選ぶ際に好きなものを選んであげることができます。

職場の同僚

同僚や部下に新築祝いを贈る場合は複数人で贈ることが多いようです。
気を使わせてしまうので極力高額なものは避けるようにしましょう。

同僚や部下には新しい生活に使用できる消耗品や実用品といった品物をプレゼントする方が多く、喜ばれています。

上司

上司に贈る場合は現金は失礼にあたる可能性があるので避けなくてはいけません。
また日頃の感謝も込めてプレゼントを選ぶようにしましょう。
上司に贈る場合は家電製品などが多いようです。

新築祝いのマナー

新築祝いを受け取る側は貰えるともちろん嬉しいものですが、渡す側のマナーや渡すときに失礼があるとせっかくのお祝いの気持ちが台無しになってしまいます。

これから下記に記述するマナーを心得ておくことで、相手に喜んでもらえるお祝いをすることができます。

現金の場合

現金の場合

現金を新築祝いとして贈る場合にはお祝いの気持ちと礼儀を込めて新札を使用します。

現金の場合偶数は2(別れる)、4(死)、6(ろくでなし)を意味するのでタブーとされています。
つつむ時には奇数になるようにしましょう。

金額の相場

新築祝いで現金を贈るときの相場は、贈る相手との関係性により金額も多少変動します。
下記の金額内で贈るようにしましょう。

両親・兄弟・姉妹 3万円~5万円
親戚 5,000円~5万円
友人 5,000円~1万円

ご祝儀袋

ご祝儀袋

水引に関しては紅白の5本か7本を使用します。

新築を建てたり購入するのは1回の人もいれば何度も行う人もいますので、結び目の種類は何度も繰り返してもよいという意味がある蝶結びを使用します。

現金をつつむ場合、注意することは中袋の表の面にお札の肖像画か書かれている面がくるようにすることです。

金額が1万円未満であれば水引が印字されているものでもかまいませんが、1万円を越えるようでしたら水引が印字されていないご祝儀袋を使用するのがマナーとなります。

現金を贈る場合はご祝儀袋選びを間違わないように注意しましょう。
また熨斗をつけないことはマナー違反となりますので注意してください。

表書き

表書きは上の部分に書きます。
表書きに関しては何種類かありますので場面ごとに紹介します。

  • 新築祝いを贈るときの表書きには、祝御新築御新築祝御新築御祝、と書きます。

  • 一戸建てではなく新築のマンションを購入した場合は、御祝御新居祝、と書きます。

  • 建物を新築にした場合は、落成祝い、と書きます。

状況に合わせながら書き方がかわりますので注意してください。

贈り主の名前は上の部分よりは小さ目の文字で下に書きます。
フルネームでも名字のみでも問題ありません。

お祝い事のときは太い毛筆や筆ペン、フェルトペンが推奨されていますので、表書きを書くときは細いペンは避けて太いペンで書くようにしましょう。

渡し方

基本的には手渡しの方が多く、半月~2ヶ月以内に会うことが難しい場合に限り現金書留で送る方もいます。

可能であれば相手側の喜んでくれている表情も見れるので直接渡してあげるようにしましょう。

品物の場合

品物の場合

品物をプレゼントする場合に気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。
以下のようなことは避けるべきです。

  • 自分好みの品物をプレゼントとして贈る。

  • 親しくもない相手に贈る。

このように自分本位にならず、貰う立場になり考え相手を困らせない品物を選ぶようにすると良いです。

金額の相場

品物の金額の相場は現金を贈るときと同様になります。

両親 3万円~5万円
両親に対しては豪華な品物をプレゼントしたいと、金額の範囲も幅広くなっています。
兄弟・姉妹 3万円~5万円
両親の新築祝いの時よりは控えめにしましょう。
親戚 5,000円~3万円
お世話になっている方であれば高めの品物を選んでも、問題はありません。
友人・上司・部下 5,000円~1万円
友人同士や職場の人と相談し金額を合わせている方が多くみられます。

上記の金額内で購入できる品物を選ぶようにしましょう。

書き方

上記の表書きを参考に書きます。
またプレゼントを贈るときにはメッセージを添えますがいったいどのような事を書けばいいのか基本的な流れにそって文例を紹介していきます。

  1. お祝いの言葉を書きます。
    (例:ご新築おめでとうございます。)

  2. 新築を建てた場所に対し、いいイメージがあれば書いてあげましょう。

  3. プレゼントの品物を選んだ理由
    (例:○○さんが以前この品物が欲しいといってたので。)
    (例:○○さんが好きな品物を選べるようにギフトカタログを贈ります。)

  4. 将来に向けて
    (例:これから先も毎日が幸せでありますように。)
    などといった締めの言葉を書きます。

また品物の包装紙の上に貼るのし紙は、外のしを使用します。
内のしもありますがこちらは内祝い用となるので間違えないようにしましょう。また結び目は現金を包むときにも使用されている蝶結びを選びます。

贈り方

新築祝いのプレゼントはいつ渡すのがマナー的によいのか難しいところではないでしょうか。
タイミングとしては、お披露目会が行われた時に渡すのがベストです。

新居に招待されたときは大勢の前で渡すことは避け周りから目に付きにくい所で渡すようにし、新築おめでとうございますの言葉のあとに品物を渡しましょう。

品物が大きい場合は前日までに贈る相手の自宅に届くように手配します。
もし当日までに品物の用意が間に合わなかった場合はお菓子や飲み物などといった軽い手土産を持参するようにし、後日プレゼントを贈るようにします。

お披露目会に参加できない、または行われない場合は、新築が完成した直後にすぐお祝いしてあげたい気持ちがありますが、家の中が落ち着いた頃を見計らって半月~2ヶ月の間に送るのが心遣いのあるマナーとなっています。

新築祝いのタブー

新築祝いのタブー

新築祝いを贈る際にタブーとなる品物があります。
品物をプレゼントする場合は十分に気をつけてください。

相手からリクエストされた場合に限り、現在欲しがっているものなので例外となります。

おすすめできないもの

新築祝いでおすすめできないものは下記を参考にしてくだい。

  • 鍋、フライパン、コンロのように火を使う品物は火事を連想させるため、タブーになるため避けましょう。

  • 品物をつつむときや、お花を贈るときも、赤い色はタブーとなりますので赤色以外を選びましょう。

  • 新築の壁には穴や傷をつけたくないので、壁や柱に穴を開け使用する壁掛け時計や絵画は嫌がられてしまいます。

  • 刃物類は、切れる、を連想してしまうのでプレゼントとしては避けましょう。

  • マットやスリッパは、踏みつける、という意味があるので縁起が悪いとされています。

お返しは?

新築祝いのお返しはありません。
基本的には新築披露のときに自宅に招待することが贈られた側のお返しとなります。

しかしお祝いを頂いてしまうとお返しをしたいという方もいますので、その場合は頂いた品物の金額の3~5割ほどの物をお返しするようにし内祝いとしてお返しを贈ります。

贈るタイミングとしては品物を受け取ってから1ヶ月ほど経ってからプレゼントに対してお礼をするのが一般的になります。

お返しに関しては基本タブーとされているものはありませんが、縁起の悪いものは避けましょう。

新築祝いのおすすめ

新築祝いのおすすめ

新築祝いを選ぶコツとして身近な人や関係性が深い人に対しては、直接リクエストを聞くことで現在必要としているものをプレゼントすることができます。

他の人とお祝いがかぶることがも避けられますし、なによりも喜んでくれます。
直接聞くことが難しい場合はカタログギフトなどにすると好きな品物を選んで貰うことができます。

リクエストの中でも多い品物や新築祝いでよく購入される品物をいくつか紹介します。

新築祝いのときに贈られる花で一番人気があるのは胡蝶蘭になります。

新築に飾ることで胡蝶蘭がとても映えます。また花言葉の意味でも幸福がとんでくる、という意味もあるのでお祝いにピッタリといえます。

インテリア

部屋の雰囲気にあった品物を選びましょう。
例えば白いインテリアばかり集めている方に、カラーのインテリアをプレゼントしても喜んではくれません。

インテリアをプレゼントとして考えているのであれば事前に確認することがとても重要となります。

少し選ぶのが難しいと感じた場合はギフトカタログを贈るといった方法もあります。
好きなインテリアを選んでもらうことができるのでとても魅力的です。

実用品・家電

実用品・家電

実用品で喜ばれるのは肌触りや質感がよいタオルになります。
新築を建てると来客も増えるので家族分以外にもタオルがあるととても助かります。

家電類は新築の場合買い換えることが多いのでプレゼントとしていただけるととても助かります。
自分ではあまり買いそうにない家電は特に喜ばれます。

お菓子

お菓子

お子さんがいる家庭であればお菓子を贈られると家族全員で食べることができるので喜ばれます。
選ぶポイントとしては日持ちが長いものだと落ち着いた頃に楽しむことができます。

可能であれば小分けに包装されているものを選んであげることで気軽に食べることができます。

お菓子だけだと少し寂しい気がする時はジュースなどをつけることで両方を楽しむことができます。

お祝い

Posted by water