2019年2月21日

出産祝いとは

出産祝い

赤ちゃんがこの世の中に生まれてきてくれたことをお祝いする出産祝い。ほかのお祝い以上に嬉しいものかもしれませんが、出産は命の誕生にかかわり、母子の健康状態などとてもデリケートな出来事です。

お祝いの仕方やプレゼント、現金の相場、訪問する時期など、知っておく必要がある情報や、覚えておきたいマナーとタブーにいたるまでをまとめて解説します。

さらページの最後では、喜ばれるプレゼントの選び方や人気のプレゼントを厳選して紹介します。

ちなみに、出産祝いが赤ちゃんが生まれた家族へのプレゼントであるのに対して、出産内祝いが出産した側から子供のお披露目の意味で、出産祝いをもらっていない人も含め渡すお祝いの品です。

お祝いの仕方

出産祝いの仕方

出産祝いのお祝いの仕方ついて、時期の選び方や相手との関係、双子の場合などポイントを絞ってご紹介します。

最適な時期

出産祝いは出産の報告を受けて、母子ともに健康であることを確認してからで十分です。むしろ出産は母子ともにどのようなリスクがあるか、生まれるまでわからないものですので、妊娠がわかってすぐや、出産前のプレゼントは控えましょう。

出産の報告を受けたなら、できれば直接渡して誕生した赤ちゃんとお母さんに、お祝いの言葉をかけたいものです。

よほど親しい場合は生まれてすぐ連絡がきて、入院している病院へ行って手渡すこともありますが、通常は退院後体調が落ち着く出産後7日~1ヵ月以内を目安にお祝いするとよいでしょう。

授かり婚の場合は、出産前に結婚祝い、出産後に出産祝いと分けてプレゼントするといいかもしれません。

兄弟や親族

兄弟や親族への出産祝いは相手との関係性が近いこともあり、直接相談して訪問時期を決めてもよいでしょう。

ただし、あくまでも母子の健康状態を優先させるべきですので、無理はさせないようにしましょう。

欲しいものに関しても兄弟ですから直接聞いてしまっても失礼はなく、欲しいものを渡すことができてよいかもしれません。

職場の人

職場の場合、相手との関係性で贈るプレゼントやご祝儀の相場が変わってきます。特に上司にはあまり高価なものを贈るのはかえって失礼になります。

また、職場のたくさんの仲間からくる出産祝いに対する出産内祝いを、いただく相場の半額から1/3程度の金額を想定してあらかじめ用意していたりする場合があり、この場合もあまり高価な品を贈ると相手は困ってしまいます。

友人

友人への出産祝いも贈る時期などは同様です。ただ、関係性が近いからといって、訪問すれば喜ぶかというと、育児疲れなどもあるので、確認はしっかりとりましょう。郵送で出産祝いのプレゼントをすることは失礼には当たりません。

この際、メッセージなどを添えて贈るとといいかもしれません。

双子の場合

双子が生まれた際は1.5~2倍の予算で選ぶことが多いようです。贈る側の人数や、三つ子の場合など、この金額を基準に選んでみるとよいでしょう。いずれも同じものを揃えます。

二人目以降

二人目以降の出産祝いに関しても、原則的には一人目と同じ命ですから、一人目と同じレベルや相場で選んでプレゼントするのが通例です。

ただ、相手側も気をつかうので、必ず守らなければいけないことではありません。

出産祝いのマナー

出産祝いのマナー

出産のお祝いには渡す相手との関係、贈り物の相場や先方の体調に対しての考え方など、知っておくべきマナーがあります。

また、出産祝いは商品だけではなく、現金も出産祝いに含まれます。

現金の場合

出産祝いは、現金や現金に近い使い方ができるこども商品券などを贈るのも好まれる傾向にあります。

相場

出産祝いの相場はこちらの年齢によって包む金額に違いがでる傾向にあります。

20代、30代で1万円~2万円、40代、50代になると3万円ほどが相場になります。

また、兄弟のように近しい場合は年齢を問わず2万円ほどを目安に多めに包み、兄弟の妻の出産の場合は5,000円~1万円が相場だとされています。

職場での出産祝いは、同僚の場合は3,000円~5,000円程度、部下の場合は5,000円~1万円程度、上司の場合は5,000円程度が相場です。部下の場合は人によって変わることなく、どの場合でも同じ金額にします。

職場でまとめて贈る場合には1人1,000円を集めて包むのが一般的なようです。

相手が友人の場合、つい高額なお祝いをあげたくなることもあるかもしれません。しかし、相手は内祝いの負担が大きくなってしまいますので、相場の範囲で包むのがよいでしょう。

お札の用意

金額が決まったら次はお札の用意です。ご祝儀袋には新札を入れるのがマナーです。新札とは未使用のお札です。よく聞くピン札は折り目のないお札のことです。ピン札でもタブーとはされませんが、できるだけ新札を用意しましょう。

銀行や郵便局の窓口、または両替専用機で新札に両替できます。ピン札に近い状態のお札は布を当てたうえでアイロンがけして使うこともできます。

お札の向きは肖像画が最初に出てくるよう、肖像画を表向きの上部にして入れます。お札を入れ忘れるということもたびたび聞く失敗の1つですので、確認を忘れずにしましょう。

ご祝儀袋

ご祝儀袋

出産祝いのご祝儀袋は、何度繰り返しても良いことという意味で、何度も結びなおせる蝶結びで紅白か紅金の水引きを使います。

水引きとは祝儀の際に用いる飾りのひもです。水引きの本数は5本が一般的で、7本を使うこともあります。祝儀袋の右上についているのしという飾りはなくても構いません。

中袋

基本的には濃い墨の毛筆や筆ペンで書きます。書きにくい場合は黒いインクのペンやボールペンを使うこともあります。

壱、弐、参、伍、拾、萬などの旧字体がよく使われますが、普通の漢数字でも構いません。「金 〇萬圓」のように書き、10万円以下なら「也」をつけないのが一般的です。

裏面は相手がお礼状を書きやすいよう、郵便番号や住所氏名を読みやすいように書きます。

表書き

御出産御祝と書くのが多いようです。これは五文字にすることで四文字(しもじ=死文字)を避けるためです。

贈り主の氏名は水引きの下に書きます。名字だけを書いても、フルネームでも構いません。夫婦連名の時は中心に夫の名前をフルネームで書き、左に妻の名前だけを記入します。

連名で出す場合は、営業課一同、友人一同、代表者の氏名と左に総務部一同、のように表書きし、それぞれの贈り主の名前を別紙に記入して中袋に入れます。この際相手の手間にならないよう、郵便番号や住所なども忘れず記入しましょう。

中袋がないカジュアルなご祝儀袋で贈る場合は、裏書の左下あたりに金額を書くとよいでしょう。

渡し方

直接手渡す場合はお祝いの言葉を添えて贈りましょう。もともと出産祝いは生後7日目とされていた命名の日である「お七夜」に行われていたそうですが、現在では相手の体調が整っていることを前提に、生後7日~1か月後あたりを目安に手渡すとよいでしょう。

直接会うタイミングをはかるのが難しいこともありますので、現金書留で送るのも何の問題もありません。手紙を同封できるのでお祝いの言葉を添えて贈ります。

祝儀袋の入る大きな現金書留封筒を購入し、指示通りに封をします。印鑑を押す枠がありますが、サインでも大丈夫です。郵便窓口で手数料を支払って送ります。

プレゼントの場合

出産祝いは現金よりもプレゼントを贈ることが多いようです。プレゼントにも相場や贈り方のマナーがあります。

相場

現金の場合の相場を基準に選ぶと良いでしょう。相場の金額に満たなくても、赤ちゃんに必要なものや、もらって重宝するものを選ぶことが大切です。

のし

熨斗(のし)

出産祝いにはきちんと包装してのし紙(熨斗紙)を添えるのが礼儀です。親しい人から目上の人まで使える両折りのしや、同僚や友人に送る「行」のし、後輩や親しい友人へ送る「草」のし、さらにカジュアルなシーンに使う、のしが印刷された「文字のし」などがあります。

通常は包装の上からのしをかけた外のしをして手渡しますが、郵送する場合はのしが郵送中に傷んでしまう可能性があるため、包装紙の下にかける内のしの方法を取ることがあります。

書き方

のしの書き方もご祝儀の表書きと同様に、水引きの上に御出産御祝、水引きの下に名前を楷書ではっきり書きます。名前は御出産御祝の文字よりやや小さくします。

贈り方

プレゼントを直接渡す際は相手の都合を聞いたうえで訪問しましょう。

郵送の場合はのしは包装紙の下に内のしにし、包装が痛まないよう梱包して、相手の都合を聞いて贈ると良いでしょう。

訪問時の心がけ

普段遊びに行くときと絶対的に違うこと。それは赤ちゃんがいるということです。赤ちゃんはまだ抵抗力がついていません。まずなによりも訪問時に病気をうつさないよう、風邪などの心配があれば訪問は後日にしましょう。

訪問の予定が決まっても、母子の体調が悪くなることがあります。急なキャンセルになっても、相手の都合を優先させます。

大人数で行くことも相手に負担をかけてしまいます。一人か数人で訪問しましょう。小さなお子さんを連れていくと何があるかわかりませんので、控えましょう。

訪問したらまず手を洗ったり、雑菌に気をつけます。その上で相手が了承した場合に限り、赤ちゃんに触れてください。

元気に見えたとしても相手は育児で疲れているものです。メイクしたり、お客さんを迎える準備ができていないかもしれません。滞在時間は短めで帰りましょう。

出産祝いのタブー

出産祝いのタブー

出産祝いや出産祝いの品物には注意点や、選ぶのを避けたほうがよいタブーがあります。

注意点

タブーとまではされていませんが、注意する点があるので、いくつかご紹介します。

まず、赤ちゃんが生まれたことは何につけ嬉しいことは間違いありません。ただ、希望の性別でなかったということもないわけではありません。

出産後は特にナーバスになりがちですので、赤ちゃんの性別に触れるメッセージは控えておきましょう。

例え普段の関係性が近しくても、訪問時やメッセージでのブラックジョークなども注意です。

縁起の悪い言葉の選択も控え、別の言葉に置き換えましょう。きえる、ながれる、たえる、などは忌み言葉です。

ご祝儀やのしは薄墨で書かないことです。薄墨は不祝儀の色です。必ず濃い墨や黒インクで書きます。

選んではいけないもの

無い場合はとても喜ばれるものですが、赤ちゃんに必要なものだからといって、相手に確認せずベビーカーやベビーベッドのような大きなプレゼントをしてしまうと、すでに購入していて同じものがだぶってしまうかもしれません。

こういった配慮を除けば基本的には出産祝いのプレゼントで選んではいけないタブーはないとされています。

ただ、一般的に縁起の悪さを連想させるものを贈ったり、4と9は苦労などを連想させるお祝いなどの場合は違う金額になるように調整しましょう。

赤ちゃんの体質によってはアレルギーなどを持っているかもしれないので、生花はできれば控えた方がいいかもしれません。

お返しは?

出産のお返しと出産内祝いという言葉がありますが、この2つには違いがあります。お返しは頂いたお祝いの贈り物に対するお返しで、出産内祝いとしてお返しをすることはあります。

対して出産内祝いは子供の誕生をお祝い、お披露目し、幸せをおすそ分けする意味で振る舞う、出産した側からの贈り物です。そのためお返しではなく、出産祝いを贈っていない人も内祝いをいただくことがあります。

結婚祝いのおすすめ

出産祝いのおすすめ

出産祝いに迷っても大丈夫です。選び方のコツとおすすすめ品をご紹介します。

選び方のコツ

出産祝いは赤ちゃんが誕生することを記念して贈り物を選んだり、赤ちゃんを育てるために役立つ必需品を贈ったりという目的の違いで、さまざまなプレゼントを選ぶことができます。

実用品

タオル、大きめのタオル、よだれかけなどはある程度の数になっても困るものではなく、定番のプレゼントとなっています。

近年増えてきたプレゼントとしては、やはり以前から定番だったおむつをホールケーキのように積み上げたオムツケーキや、贈りものかごに入れたおむつバスケットなどが人気になってきています。

ベビー服などは生後6か月くらいから使えるような80cm以上のサイズを選ぶと喜ばれるようです。

記念になるもの

記念になるもの

欧州の各地方には銀の匙をくわえて生まれてきた子は食べるものに困らず幸せになれるという言い伝えがあり、銀のスプーンを贈る風習があります。

また、赤ちゃんの指のサイズでベビーリングを製作して、生まれたときの記念になるようなプレゼントをするという方法もあります。

名前入りのもの

赤ちゃんの名前を入れただるまなどの縁起物や、コップなど、名前入りのプレゼントも喜ばれるもののひとつです。

お祝い

Posted by ロッシ