更新日:

父の日のプレゼント人気ナンバーワンはお酒!迷ったときのお酒ガイド!!

父の日のプレゼント人気ナンバーワンはお酒

父の日でお父さんが欲しいプレゼントのナンバーワンがお酒というデータが出ています。でもお酒といってもビール、日本酒、焼酎、ワイン、他にもいろいろありますよね。このページではそんなお酒について、それぞれの特徴やおすすめポイントをご紹介していきます!

また、プレゼントだけよりもこんなときには感謝の気持ちを手紙にして贈りたい、という声も多いので、父の日に贈るメッセージの文例もご紹介してきますよ!

ビール

ビールについては詳しくはこちらをごらんください!

焼酎

焼酎については詳しくはこちらをごらんください!

日本酒

日本酒については詳しくはこちらをごらんください!

父の日について

ここでは父の日について少し解説いたします。

一緒に贈るメッセージの文例などにも触れてご紹介します。

今年の父の日

今年の父の日は6月19日です。

父の日はアメリカ発祥で、ソノラ・スマート・ドッドさんが男で一つで育ててくれた父親の誕生月である6月に教会で礼拝したことがきっかけといわれています。

この時すでに母の日はあり、父の日もあるべきという声から1910年6月19日にはじまりました。

多くの国に父の日がありますが、男女平等の意識が強いフランスでは、同性婚家族への配慮で父、母の呼び方を「親1」「親2」とよぶ法案が下院で可決されたそうで、今後父の日の形も様変わりしていくかもしれませんね。

韓国 もともとあった母の日に対して父の日がなかったので両親の日とした
ドイツ キリストの昇天祭という日が父の日のかわりとなっている。
この日はお父さんたちも羽目を外して楽しむよう
フランス 男女平等の精神を持つ日とされている。
この理念が拡がり父親が積極的に育児参加する国となっている

日本では1950年代から父の日が祝われ始めたようです。

ちなみにベストファーザー賞の発表を行っている日本ファザーズデイ委員会は国際的にも前向きな意味を持つことが多いイエローのリボンをかけてプレゼントを贈ることを推進しています。

お祝いにはメッセージも添えよう

Right Caption
ミミ
お酒だけ渡すより…手紙とかメッセージカードも一緒に渡すってどうかな?
Left Caption
ギフト先生
気持ちがより伝わるのでぜひそうしましょう!

最初の項でご説明しましたが、お父さんは何をしてほしいとうれしいのか?と考えると、日ごろの感謝や労いの気持ちをメッセージに込めて渡されれば、嬉しくないはずがありませんよね。

親子の絆の深さや、信頼されていること、感謝されていること、親として思われていることを感じられるような演出も良いのではないでしょうか。

その意味でもメッセージは素直に感謝の気持ちを込めて、直筆で手紙に書きましょう。

メッセージを添えてお酒をプレゼントするときは、あまりかしこまるとかえって関係性が浅いイメージもあるので、のしはつけなくてもよいでしょう。

Left Caption
ギフト先生
もしつけるなら5本の水引きで、表書きは「感謝」「ありがとう」などにするといいですよ。

ワインボトルや日本酒、焼酎の瓶などはリボンなどをつかい手作りでラッピングするのも喜ばれる演出としておすすめです。

Right Caption
ミミ
それならできそう!
 

◆メッセージの例文

お父さんいつもお仕事お疲れ様。

家族のために頑張ってくれてありがとう。

いつまでも素敵なお父さんでいてください。

いつもありがとう。

お酒やたばこはほどほどに、長生きしてね。

孫たちもおじいちゃんが大好きって言っています。

いつまでも元気でいてください。いつもありがとう。

ポイント短くても自分の言葉で感謝を伝えることが大事です。お孫さんからの言葉や似顔絵を添えてもいいかもしれませんね。

お酒以外の定番プレゼント

最後にお酒以外で選ばれている定番プレゼントもご紹介しておきます。

  • ポロシャツ
  • ネクタイ
  • 靴下
  • 甘いもの

毎年この時期よく売れていたり、父の日とともに検索されているのがこれらの商品です。

Right Caption
ミミ
ポロシャツはサイズを合わせるのが難しいなあ
Left Caption
ギフト先生
その分、合うサイズを調べることでお父さんのことを大事に思う気持ちが伝わりますよ。

お酒が苦手で甘いものが好きという人も多いので、スイーツも人気になっています。

ひと言で甘いものといっても、あんこが好きか生クリームが好きかなど事前にリサーチしておくようにしましょう。

Right Caption
ミミ
勉強になりました!今年はお父さん、すっごく喜んでくれそうです。早く父の日にならないかなあ!!
Left Caption
ギフト先生
勉強になって何よりです。最後に一つ、父の日のお祝いはあまり無理をしなくてもいいので、その分、毎年続けてお祝いしてあげましょう。